賃貸物件を借りる時のチェックポイントとは

まずは立地と間取りの選び方

賃貸物件を借りる時に、まずチェックするのはなんといっても立地と間取りです。まずは、家族の通勤距離などで場所を絞ってから、間取りをみて選んでいくといいでしょう。最近は和室のある物件は少なくなっていますが、どうしても畳があったほうがいい方は和室のある物件に絞ってみましょう。新婚で2人分の荷物を入れる必要がある方は、広さに余裕のある間取りを選びましょう。思っていた以上に荷物が入らなかった、という経験をされている新婚さんは多いですよ。間取りによって家賃はかなり違いますので、はじめに自分が譲れないポイントを順位付けしておくといいかもしれませんね。

見学するときは、ここを見ておこう

賃貸物件を借りるときは、できるだけ見学をしてから入居を決めましょう。特に築年数が経過している物件は必ず見学を。ぜひ見て欲しいのは、窓際と収納です。前の入居者が出たあとには清掃が入るので、見学のときはとてもきれいに見えるかもしれません。けれども、湿気が多いアパートなどは、窓際にカビた跡が残っていることがあります。そういう物件は、冬に結露がひどくてかびてしまった可能性があります。収納を見るときは、サイズを測っておくといいですよ。物が入っていない状態だと広く見えますが、自分の持っている収納ボックスが入らないと困りますからね。

水回りのチェックも忘れずに

日常的に使用する水回りのチェックも必ずしておきましょう。チェックの仕方としては、キッチンやトイレ、お風呂を自分が使っているイメージで見てみるといいかもしれません。住んでいるうちに使い慣れてくる部分はありますが、不便な配置になっているといつまでも不満が残ってしまいますよね。もしキッチンや洗面所に収納が少なくても、自分の持っている家具や工夫で快適に使えることができそうかをイメージして見ておくだけで、入居してからの生活が全然違いますよ。

札幌市東区の賃貸は家賃がお手頃なのがおすすめです。中央区などに比較して家賃が抑えられるため学生さんにもおすすめです。